HOME > フジパングループ本社 会社情報 > 社会活動

社会活動

テレホン民話 “とんと昔あったとさ”

卸売りパン(一部を除く)のパッケージ裏面に記載されている電話番号にかけると、週替りでいろいろな民話の語りを聞くことができるテレホンサービスで、昭和56年から行っています。
当ホームページにもサイトがございます。

公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団

米国アーノルド・ベーカーズ社より弊社との技術提携のロイヤリティの全てを日本のパン普及向上に使って欲しいとの申し出があり、『パンを通じて社会に奉仕する』ため、弊社創業者及び当時の社長らが財産を拠出し、昭和42年財団法人を設立しました。パン・小麦に関する技術進歩により国民の食生活向上と食品産業の発展に寄与するため、これまでに多くの研究者らに助成金の助成 を行い、本年南極観測隊に冷凍パンの寄贈をしました。また、平成24年4月1日に公益財団法人へ移行しました。

公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団

フジパンCUP U-12サッカー大会

昭和58年から協賛しておりますこのイベントの詳細につきましては、当ホームページ内専門サイトをご覧下さい。

長年にわたり九州サッカー界の普及発展に寄与したとして 2009年、九州サッカー協会から感謝状を受けました。

文化イベントへの参加

日本万国博覧会(昭和45年)フジパンロボット館の単独出展を行ったほか、ぎふ中部未来博(昭和63年)、世界デザイン博覧会(平成元年)、国際花と緑の博覧会(平成2年)などにおいて活動を展開しました。

災害時の支援活動

自然災害発生時には、食の確保の観点から被災地支援活動に参加させていただいております。