フジパングループ新卒採用情報

フジパン(株) 東京工場 製造 矢吹 直子 YABUKI NAOKO 2006年入社 普通科 卒業 矢吹 直子さんの1日

AM08:00 スケジュールの確認、包装や資材の準備など
AM09:00 ラインスタート。オペレーター業務や製造など
AM12:00 休憩。昼食を済ませたら仮眠をとります
PM01:00 作業再開
PM06:00 終了
PM07:00 退社

フジパンを選んだきっかけは?

高校のときの先生に紹介してもらったのがきっかけです。1つ上の先輩がフジパンで働いていて、その人の頑張りがフジパンの方に評価されていたそうです。それで、先生が私に勧めてくださいました。入社してすぐは、ラインの中でも最後の段階にあたる、包装の仕事をしました。製造は、覚えることがたくさんある仕事だから、最初はとにかく少しでも早く仕事を覚えたいっていう気持ちが先走りして、すごく焦っていました。それに、本当に全部の仕事を覚えられるのかな、と不安な気持ちでいっぱいでした。今は、少しずつ任される仕事が増えたし、落ち着いて取り組めるようになりました。

今はどんな仕事をしていますか?

「スイスロール」の製造をしています。流れてきたケーキに手でクリームを塗ったり、チョコを絞って入れたり。生地は機械で作りますが、意外と手作業が多いんですよ。生地を巻くときも、一つひとつ手で巻きます。最初は先輩に教えてもらいながらでしたが、今ではコツを掴みました。作業の仕事だけではなく、今ではライン全体の流れを確認するオペレーターという仕事も任されています。クリームが足りなくなったら補充したり、包装紙の切り替えを行ったり、作業している人の手助けも行います。製造は、ラインの側に立って作業するだけだと思っていましたが、気配りが必要な仕事だと感じています。

仕事の幅は本当に広いですね

はい。今の私の目標は、きれいな商品を作っていくことに加えて、ラインの中の一人ひとりにもっと細かく目を向けれるようになることです。困ってないかな、仕事が遅れてないかな、とか。ミスを防ぐために、ラインの皆の仕事を見れるようになりたいです。最初の頃、私も失敗したことがあります。機械の調子が悪いときだったのですが、包装したパンの袋に穴が空いて、空気がもれていてしまったんです。でも、それに気付かずに箱詰めしてしまって。検品の段階で発見されて、すぐにやり直しました。それ以降は、二度と同じような失敗をしないように注意しています。

落ち込んだときは、どうやって気分転換していますか?

私は、友達に話します。ラインの中に同期の子がいて、その子ともよく話しますね。休日は、大好きなテーマパークへよく行きます。フジパンの人と一緒に行ったこともあります。寮に住んでいた頃は、皆で食事に行ったりしました。寮は皆仲が良くて、親交が深まります。フジパンで働いている人は、明るくておもしろい人が多いです。辛いことがあっても、皆がいるから楽しみを見つけながら仕事をすることができます。

仕事は大変かもしれないけれど、フレンドリーな職場なので楽しいです。そして、一つひとつの作業を丁寧に行ってきれいな商品を作れると、大きなやりがいを感じることができます。製造の仕事は単純だと思われがちですが、この仕事で大切なことは気配りだと思います。

なるほどフジパン フジパンの仕事について、説明します!
NEXT フジパン(株)西春工場 製造 長尾拓哉さん