File.06 (株)日本フーズデリカ 名古屋東工場 製造係長 是枝 政博 2001年入社 経済学部 卒業

安全そしてスピーディーな生産が絶対条件。時代が求める食品を提供するフジパンのデリカ

富士エコーは、日本マクドナルド様をはじめ大手外食企業様が各店舗で使用する原材料や備品を管理し、発注数に応じて迅速にお届けしています。毎日多くの注文が入り、店舗ごとに必要な商品を必要な数だけまとめるピッキングという作業を行うのですが、配送トラックの出発時間までに商品をまとめなければなりません。ときには時間との勝負という場面にも遭遇しますが、何よりも数量や商品を間違えるというミスを誘発しないように心がけることが大切です。自分自身で業務の効率化を意識しながら目の前の課題と向き合い、物流のプロフェッショナルを目指します。

自分の素が出せることが最大のメリット
ひと味違うフジパングループの面接

ここしばらく就職難が叫ばれる時代だけあって、私の就職活動もスムーズには進みませんでした。いろいろ攻めあぐんでいる中で友人から「フジパングループの面接はほかとは違う」との話を聞き、説明会へ出かけました。事実、柔和な雰囲気に包まれた説明会で、面接も同じでした。志望動機などの基本的な質問以外にも、様々な話題で場が盛り上がり、面接官の方も私の履歴書を隅々まで読み通してくださっている印象でした。思い返せば、どの企業の面接よりも自分の素が出せ、笑顔で話ができたと思います。

私たちの手を経て商品が届くから
エンドユーザの顔を常に意識したい

お客様の店舗で食事をする時、来店客の方が私たちの手を経て届いた商品を食べられたり、利用されているのを見ると、心が弾みますね。物流の現場では、最終消費者であるエンドユーザ様の顔が見えませんので、ふと外に出て、エンドユーザ様の顔を見る機会を得ると、「この笑顔のために」と意欲がわいてきます。日々私たちがピッキングした商品は、まず店舗スタッフ様の手に届きますが、最終的には、エンドユーザ様が利用するもの。だから、日々の仕事をする中でエンドユーザ様への意識を持つことが重要だと気付きました。

仕事の効率化対策を講じて
持ち場のさらなる環境改善を図りたい

まだ入社して間もないこともあり、毎日の仕事と正面から向き合うことに集中しています。持ち場も先輩から引き継いだところで、まだまだ指導していただいた内容に沿って仕事を行っています。しかし今後は、新しい効率化の策を提案し、持ち場の皆さんがより仕事のしやすい環境をつくっていきたいと思っています。持ち場の環境がよくなれば、気持ちの面でもゆとりが生まれます。効率化を進めて、富士エコーの仕事の三原則である「正しく、早く、安く」をより確固たるものにできたらうれしいですね。

これからフジパングループへ入社する方へ

富士エコーは、最新の物流システムを使って大手外食企業様からの注文に対応しています。このように、先端の物流システムを使って、大手と渡り合うビジネスはとても魅力的だと思います。富士エコーは、外食産業を支える縁の下の力持ちであり、なくてはならない存在なのです。

是枝 政博さんの1日

▶AM 09:30
出社。商品の賞味期限をチェックしたり、1日の作業環境を整理する
▶AM 10:00
アルバイト・パートさんへの業務連絡
▶AM 10:30
商品の仕分け作業開始
▶PM 01:00
仕分け作業終了。検品と在庫のチェックを済ませる
▶PM 01:30
昼食
▶PM 02:30
商品の補充、他部署のヘルプ
▶PM 07:30
その日動きのあった商品の数をチェックして、帰宅
このページのトップへ
NEXT FILE