CMシアターCM THEATRE

トップページ > CMシアター

「名前の通り2020」篇

2020年9月1日放映

今回の本仕込CM、実は2015年に制作した「名前の通り」篇の リメイクとなっています。新しいパン職人を演じるのは、 元気いっぱいでニコニコ笑顔の竹野谷咲ちゃん。 松下由樹さんが幸せそうに朝食の準備をしているところへ、 おなじみのCMソング「朝はパン」を歌いながら登場します。 “おいしくなぁれの気持ちをこめて 手間をかけて仕込んでいるの” 歌詞に込められているのは、本仕込の長年のこだわりです。 「だからずっと、みんなのおいしさ。」なんですね。

「お友達」篇

2020年3月1日放映

今回のネオバターロールのCMは甘ずっぱい青春の一幕。
放課後、中学生の娘がはじめて男の子のお友達を連れてきて、
お母さん(松下由樹さん)はテンションが上がりっぱなし。
ふたりがリラックスして勉強をがんばれるようにと、
小腹を満たすネオバタと温かい紅茶でもてなします。
そんなわが家の定番は、彼のお家でも定番だったようで。
「ホッと一息」つきながら会話が弾んでふたりの仲も…!?
お母さんは幸せな妄想にひたりつつネオバタを味わいます。

「スナックサンドのうた♪」篇

2020年7月17日放映

1984年以来のスナックサンドのCM。
舞台は、知る人ぞ知る名店
『元祖 携帯サンドイッチ・スナックサンド屋』。
「スナックサンドください!」と親子が来店すると、
看板娘の美和子ちゃん(森七菜さん)とスナックサンドの精、
パン職人で店主であるお父さんの富士さんが
『スナックサンドのうた♪(2020)』を歌いながら明るくお出迎え。
「ふわふわ ふんわかパンに こだわり具材~♪」。
思わず口ずさみたくなる曲にのせて、スナックサンドを頬張った
時のようなしあわせな気持ちを届けます。
おいしさ、その手に。心を込めて。